×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スピードダイエットをした後は1

ダイエットをする人は長期でゆっくりダイエットする場合と短期間にダイエットをする場合とありますが、体重を減らすことには違いありません。短期に目標を掲げて短期間にダイエットをするか、それとも毎月減っていく体重を決めて少しずつおこなうか。スピードダイエットで成功しても、それにホッとして気が緩んで、元の食べ過ぎな食生活に戻ってしまってはスピードダイエットの苦労が水の泡になってしまいます。私達の体は自分が思う以上に実に上手に出来ています。カロリーを減らしたダイエット期間のカロリーに体が慣れてしまい通常食でもオーバーになり体内に蓄積されてしまいます。

スピードダイエットをした後は2

短期間でダイエットした場合は、終わってからの食生活が大事です。長期ダイエットに移行できれば理想的ですが、そうでなくても、すぐに元の、あるいは元以上の食生活に戻るのではなく、体と相談しながら段階的に元に戻すことが大事です。期間集中型のダイエットは、孤独で体重に一喜一憂したり、常に体重の事が頭にあり精神面で消耗してしまう場合があります。ダイエット中はストレスを溜め込んでしまうのはしょうがありません。ダイエットが終了したあとそのストレスをどこに発散させるのかがポイントです。

スピードダイエットをした後は3

ストレス発散は食に向かわないように気をつけましょう。ストレス発散が食に向かってはダイエットが無意味になってしまいます。香りはリラックス効果があり、ストレス解消にもなります。専門のアロマショップに行けば自分の体の状態に応じたアロマも調合してくれます。短期間でダイエットをした人は胃も縮小されて小食になる人が多いのです。これをチャンスと考え長期的に自分の体と食生活に目を向けてみることをオススメします。頑張れる自分。ダイエットを成功させてキレイになった喜びの感情を忘れずに、ダイエットで得た楽しみを継続させましょう。

Copyright © 2007 スピードダイエット後の最重要課題